企業や店舗で求人採用を行う場合、さまざまな点に気をつけなければなりません。
このサイトでは主に、その際の注意点についてご紹介していきたいと思います。

 

まず立ちはだかってくるのは求人情報をどのような媒体(メディア)で発信するかという点でしょう。
紙媒体(求人誌やチラシなど)、インターネット、・・・・・・どれに求人を載せたらいいのか悩みますよね。

そういった時は、欲しい人材がどのような媒体を見ているかを分析してみるとよいでしょう。

 

求人採用

 

例えば年代別で考えると、10代・20代の若者は主にインターネットを利用して求人を見ている傾向が強いということです。
最近は「紙離れ」のニュースがよく流れているので、想像がつきますよね。

もちろんスマホやパソコンの普及により、若い世代でなくとも、インターネットでの閲覧をするようになりました。
しかし特に30代・40代は紙に親しんだ世代でもあるため、いまでも紙媒体の閲覧も続けている傾向にあるということが言えます。
このように紙とインターネットの併用を好む層もいるということを十分に覚えておきましょう。

 

媒体を使い分ける時に重要なことは採用ターゲットはどこなのかを明確にすることです。
年代以外にも様々な要素が考えられます。

その上で各媒体の閲覧者像と照らしあわせることで、情報発信の方向性が見えてくるんじゃないでしょうか。


関連サイト

indeedの掲載ならindeed運用代理店のカスタマ | 採用成功させる最新の広告運用