「勤務時間」は、就業規則や社内規定で定められている始業時間と就業時間を表記したうえで実働時間を併記しましょう。

ただし、就業規則や社内規定に反して慣例的な早出や残業などが存在する場合はその実態に即して表記しましょう。
求人広告を見た応募者はそこに表記された「勤務時間」を「会社に拘束される時間」と考えるのが一般的です。

始業前や就業後に日常的に何か業務を行っているような場合は勤務時間の表記をその慣習に合わせて表記するようにしましょう。
職務に関係のあるミーティングや業務報告書の作成などは「業務」とみなされるため、そうした正しい感覚を持つことが何よりも重要です。

特別な勤務システムを採用していたり、時間外勤務がある場合なども勤務時間帯と合わせて表記するようにしましょう。
変形労働制やフレックスタイム制、裁量労働制だけではなく、事業場外労働時間制など、勤務時間のシステムはさまざま存在しているので応募者が誤解や勘違いをしてしまうことが無いように正しく表記しましょう。

また故意ではなくても虚偽の勤務時間の表記や法律違反の勤務時間の表記を求人広告に載せてしまわないように気を付けましょう。

 

「休日」とは、労働義務がない日のことで、原則午前0時から24時間を指します。
そのため、前日の労働が深夜になり午前0時を過ぎた場合の「明け休み」は「休日」ではないということを覚えておきましょう。

また法定休日といって、原則として毎週1日、または4週に4日以上の休日を労働者に与えることが労働基準法によって義務付けられています。
この法定休日の日数を下回ることが無いように気を付けましょう。

休日システムの表記についても具体的に表記しましょう。
例えば「週休2日制」と「完全週休2日制」の定義は同じであるため、休日に設定してある曜日が固定ならその曜日を明記し、固定でない場合は月に何日休日があるのか、交替制なのかということも明記しておきましょう。
休日のとり方が複雑で書ききれない場合は年間休日日数を併せて表記するなどの応募者が理解をしやすくなるような工夫をする必要があります。

さらに休日出勤がある場合は必ず明記するようにし、有給休暇も表記をすることに関して言えば任意ではあるのですが、違法な表記をしてしまわないように気を付けましょう。