面接では、限られた時間の中で人物を見極めなければなりません。
そして、応募者には自社の考え方、福利厚生などもしっかり伝えなければなりません。

話す内容はとても重要です。
しかしメラビアンの法則では、「初対面の人を認識する時に最も重視されるのは視覚情報だ」と言われています。
就職試験で髪の毛や服装に注意しましょうと言われているのは、この法則からきているのでしょう。

当たり前のことですが、面接担当者も応募者によりチェックされているということを忘れてはいけません。
面接担当者はいわば「面接を行う企業を代表している立場」であることから、応募者と同じように表情・仕草・話す内容・服装などは気にかけるようにしましょう。
自分も面接されている気持ちで臨むとよいかもしれません。

 

なお面接担当者へ行ったとあるアンケートでは、「応募者へ求めるもの」として「これまでの経験を重視している」傾向が強いという結果が出ています。
即戦力を求めることが多いため、経験が重視される傾向になることは予想がつきますね。

逆に、論理的思考力などを重視する場合には、学歴を見る傾向が強くなるのではないでしょうか。

ですが求職者側はこれまでの仕事経験よりも自分の人柄や、なりたい姿を見てもらうことを望んでいる傾向が出ているそうです。
そのため履歴書を書く際もこういった内容を重視して記載する傾向にあるのだとか。

履歴書を見る際は以上の点を頭に置くと、また違った見方ができるかもしれません。