求人広告によるトラブルを避けるには

まず、最もトラブルになりやすい労働条件などの部分ですが、そもそも求人企業は仕事内容や賃金、労働 時間、その他の労働条件を明示することが法律(職業安定法)で義務づけられています。

また誤解のないように労働条件を平易で的確に表示するよう努めることも定められていますので、詳しい労働条件や待遇は面接で話せば良いだろうという考えは求人広告の表記が曖昧であればあるほど、後のトラブル(面接終了後の辞退者や応募期間前の問い合わせ等)につながる可能性が高いと言えます。
できる限り具体的な表現を心掛けるようにしましょう。

 

例えば、同じ職種でもその仕事内容は業種や会社によって差が存在するので、どういった仕事内容なのかということを具体的に記述するようにしましょう。

「未経験者OK」というような表記も社会人として働いた経験がなくてもよいのか、若しくは業界経験や職種経験がなくてもよいということなのかということも具体的に明記しましょう。

応募をしやすいように「お気軽にお電話ください」というような親切な表記をつけるのもよいですが、場合によっては大量の電話対応に担当者が忙殺されてしまうこともあるようです。

 

応募条件の記載はしっかり検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です