一次情報である人材広告の出し方

人材募集において、企業側から応募者に提供する情報は、タイミングをしっかりと計算した上で、出していかねばならない。それらは、一次情報・二次情報・三次情報と分けることができる。

一次情報は、人材広告である。社名や採用情報、勤務形態など必要最低限の情報が、企業から提示され、それに反応した応募者が履歴書を送付してくる。このとき、一次情報について、押さえておくべきポイントが三つある。

第一に、一次情報の段階では応募者は広告を出している企業について何も知らない。

第二に、応募者が広告を見ている場所は、自宅や電車の中などまちまちである。

第三に、応募者は自社の広告と他社の広告を見比べている、ということである。

この三つのポイントをまとめると、人材広告の情報では、伝わる事と伝わらない事があると考えられる。紙面に限りがあり、情報を多く詰め込みすぎると、読んでもらえんくなる。中途採用の場合は、平均するとひとりあたり3,4社受けることが多いといわれている。であるから、まずはその3、4社の中に入ることを目指して広告をつくることだ肝心だ。どのような広告をつくればいいかというと、応募者に、とりあえず、この会社は受けておこう。と思わせる要素を入れておくことだ。

もちろん、こうした要素もたくさん入れすぎては逆効果ですので、応募者に「おっ!?」と思わせるような自社のアピールポイントを3つほど入れ込むとよいと思われる。

自社の製品やサービスについては、いくらでもその魅力や性能を語ることができるかと思えるが、それに比べて、自社のPRというものはなかなか難しいものである、ということも念頭に置かなければならないことなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です