若い世代への募集を考える

企業情報を若い世代へ向けてどのようにアピールしていけばいいのか、その具体的な方法を考えたい。

企業のほとんどがそうだと思うが、中途採用を考えている場合、退職後の高齢者をターゲットにして広告を作っているケースは少ないであろう。ほとんどの企業が、若者向けの広告をつくりたいと思っているはずだ。対象年齢としては、22歳の新卒とまでいかないにしても、第二新卒を含め20代から30代くらいであろう。この年代層は、どこの会社も欲しがっているので、競争が激しく、広告にも独自のノウハウが必要になる。

これらの年代の転職者が、もっともよく利用する媒体はインターネットである。彼らは、就職活動の際にリクナビやマイナピの洗礼を受けており、就職はネットで、というすりこみがなされている。だから、この年代の人材募集においては、インターネットは必須といえるだろう。なお、ネットには、ありとあらゆる情報が網羅されているリクナピ・マイナピに代表される大手サイトと、デザイナーのみ、看護師のみといった専門職を対象としたサイトにわかれているので、自社にふさわしいサイトを選ぶことがいいだろう。

デジタルな世界では決して出会えない、優秀な人材を募集する方法を考えておく必要がある。インターネットには偶然の発見があまりない。検索者が打ち込んだキャッチコピ ―にヒットしないと、広告を見てもらうことすらできないのである。では、どうすれば広告を見てもらえるのだろうか。ここに、ひとつの技がある。どちらかというと、アナログな手法であるが、ネットのデジタルな世界だけでは、出会えない優秀な人材に会える方法である。 その業界の専門分野に特化して出版されている専門誌にネット広告を出す前の月に求人広告を出すのである。ネット広告の前段階として認知させるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です