中途採用においての良い求人広告の出し方

会社で「求人広告を出そう」となった時に、まずどのようなアクションを行うでしょうか。

おそらく多くの経営者が、求人広告の会社に連絡をすると思われます。そして求人広告を扱う営業マンは、広告についての話を企業としながら、頭の中ではホップ・ス テップ・ジャンプと3段階の思考が働いているはずです。これは中途採用の必勝法と呼ばれており、ホップとは「どの媒体を選ぶか。ネットか、紙か。」ステップは「いつ出すか。広告を出す時期。」 ジャンプは「どう出すか。広告の内容。」です。

求人広告の営業マンの頭の中は、だいたいこのような思考パターンになっています。

どのような営業マン(公告企業)に依頼するか、どのタイミングで広告を出すか、広告内容はどのように記載するかで、応募者数が多く変動してくるので、このホップ・ステップ・ジャンプの三段階は中途採用においてとても重要になってきます。

営業マンと相談しながら進めていくのももちろんですが、依頼する前に自社企業としての考えをまとめておくと、営業マンの自社利益を優先に考えた提案や、自身の企業のことをきちんと考えてくてれた上で提案してくれている案なのかを判断できる材料となるでしょう。

現在において、情報を得る方法は多種多様です。まずは求人募集の方法としてどのような方法があり、どのようなサイトが多く利用されているのかを把握しておくことも重要でしょう。そして他社がどのように業務内容、給与面、勤務時間、場所、福利厚生等を記載しているかを確認してみましょう。どのような記載方法がわかりやすく、お応募したくなるかがわかってくると思います。まずは、応募者の立場に立って求人広告を考えてみるのをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です