どの媒体を選ぶか

求人広告においてどの媒体を選ぶかということですが、営業マンの所属する会社の系列で事情が異なります。営業マンのバックには系列の出版元(媒体社という)がついています。本来なら、「この業種でこの人材募集なら、この媒体がベストである」といった考えのもとに最適な媒体をお客様に勧めるべきなのですが、実態としては、営業マンの系列会社の広告媒体を勧めることになります。

なぜ系列会社の媒体を売るのかというと、広告を売ることによって自分のところに入るマージンが大きく異なるからです。これでは、どの営業マンを信頼してどの企業に依頼するかが大きく命運を分けることになるので、重要になってくるので、求人広告を出す前からハードルが高いと思いがちです。

しかし、営業マンと企業との人間関係の積み重ねが解決してくれます。たとえば10年や20年、同じ企業を担当している営業マンにとってみれば、その会社はすでに自分の身内であるかのような感覚が育まれています。なので、一時の損得勘定よりも、お得意様企業にとって最も良い方法を考えようと努力するでしょう。自社の目先の利益よりも、お得意様企業の利益になるような媒体を勧めてくれると考えられます。

求人広告の現場では、取引先企業の採用担当者から「今回はこれでお願いします」と原稿を渡されることが少なくありません。しかし、良い営業マンはその内容をじっくり精査した上で、イエス・ノーを判断し、 そして、悪いと判断した場合は、「今回はこの方法ではなく、こちらの方法の方がベストです」と最良の道を示してくれます。人材広告の営業マンとすぐに信頼関係を築くことは難しいことかもしれませんが、長い時間をかけて育まれた信頼関係こそは、最高の武器になると言えるでしょう。

そののため、今まで依頼したことない企業の皆様も現在求人が必要なくても今後の採用危機に備えて、今のうちから営業マンとの信頼を築くためにも求人広告の会社との関係値を作っていくことは良い求人広告を出すためにも必要なことと考えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です