いつ広告を出すか

どの媒体に出すかが決まったら、次に広告をいつ出すのかというタイミングが非常に大切な問題となります。本来、人材採用は計画的に余裕をもって取り組むべきなのです。ゆとりを持って募集し、じっくり採用に時間を割けるほど、いい人材と巡り会える確率も高くなります。

しかし、たいていの場合、「人材不足には悩んでいたが、人件費の問題等でぎりぎりまで欠員が出ている状態で頑張った、しかしもう限界である」と限界の状態で急いで人員を募集したい経営者が多いのです。この場合は広告掲載のタイミング等を計るまでもなく、すぐに求人募集をかけなければなりません。営業マンにとってはとても楽な案件になるということです。

しかし、本来ならば、求人募集をする際に良いタイミングと悪いタイミングあるのです。せっかく良い人材を見つけようと募集をかけるのですから、良いタイミングで募集をかけ、良い人材を獲得したいですよね。ベストなタイミングで求人広告を出せば、優れた人材が数多く集まります。

しかし、求人広告を出すべきタイミングは、長年の経験と勘によって判断せざるを得ない、かなり複雑な判断となります。その理由として募集職種や求める人材の性別や年齢、職業経験の有無によって、対象者の動きが異なるというのが挙げられます。

例えば、勤続年数の長い女性社員がいたとして、前職のボーナス時期より前に募集をかけても、ボーナス前に転職を考える人材は少ないと予想されるため、良い人材が集まりにくいと思われます。逆にボーナスを7月にもらって8月の夏休みを過ごした辺りに時間ができ、転職を考える余裕も出てくることも多いと推測されるため、9月ごろに求人広告を出せば、自分のスキルアップや理想的なワークスタイルに当てはまれば転職しようという意欲を掻き立てることができる可能性が高くなるだろうと推測されるのです。

また、気を付けたいのが天候や、求人掲載後に連休があるかどうかという人間の行動心理の問題です。求人情報誌を台風予報が出ている日や雨の日に発行しても売り上げ部数が格段に下がるというデータが出ています。また、インターネットに求人広告を掲載する場合は天候には左右されませんが、掲載後すぐに連休があると連休を楽しむことを優先されてしまい、求人情報を見てもらえない可能性が高くなってしまいます。

求人情報の寿命は3日と言われており、広告掲載から3日を過ぎると古い情報になってしまうため、このような条件の日に求人広告を掲載するのは避けたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です