応募者の心理

 応募者の心理として、応募資格が長い文章で埋め尽くされていると、遠ざけてしまう傾向にあります。求職者のほとんどは自信に満ち溢れた人ではなく、むしろ新しい会社で通用するのか不安で、ハードルの低い広告に惹き付けられる人たちです。しかしその人たちの中にも優秀な人材が眠っているという事実を忘れるべきではありません。採用担当者にとってはとにかく応募者数を増やすことが先決であり、採用後に通用するかどうかは面接等で判断すればよいのです。一般に転職を希望する応募者は、数社に並行して応募します。ですから同業他社というライバルに先駆けて応募者を募る必要があり、そのためには募集内容を堅苦しいものにする必要はないのです。
 とにかくたくさんの人に面接に足を運んでもらい、その中から優秀な人材を選び抜くのが一番良い方法です。この方法には様々なメリットがあり、副次的な効果を生み出します。例えば、応募者が面接に積極的に臨むようになるというのもその一つです。募集内容が曖昧な文句に終始していると、応募者としては色々と質問したいことが浮かんできます。そしてそれらを面接の場でぶつけて、疑問点を解消したいと考えるのです。質問内容は応募者によるのでしょうが、具体的な仕事内容や細かな待遇、人間関係等についてのものがほとんどです。これらの質問は採用担当者にとっても、選考する上で非常に大きな意味を持っています。応募資格等が細かく記されている場合、応募者は何を武器にすれば良いのかが分かるため、面接の準備に心血を注ぎ、会社の求める人物像を演じ切ります。そして面接官がその演技をお座なりのものだと見抜くことが出来なければ、会社に合わない人材を採用し兼ねないのです。それに対して応募者が質問を繰り返すような面接では、応募者は演技する必要もなく、面接官も一人一人の本性を見て取ることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です