中途採用求人の3次情報

 中途採用求人のプロセスで求人の応募者に伝える企業情報には、1次情報、2次情報、3次情報あります。1次情報は求人広告を、2次情報は面接・試験を指しています。
では3次情報とは何でしょうか。3次情報とは、内定に至った応募者に対して、入社前に知っておいてもらいたいことから提供される情報を指します。社員となることを前提としているため、内部情報まで含めて提供することになります。企業の別を問わず見られるのが、福利厚生面の情報です。交通費や有給休暇の規定等が典型例でしょう。その他転勤に関する情報、勤務形態の細部等も伝えられることになります。この3次情報には色々な効用が期待できます。最大の効用は、入社後のトラブルを避けることです。面接までのプロセスで、応募者が知り得ることは限られています。面接を終えた頃は入社する意欲が強かった応募者も、実際に入社してみるとイメージとのギャップを感じてしまい、不信感を抱いたり、すぐに辞めてしまったりすることは珍しくありません。つまり3次情報でなるべくそのギャップが生じないように手を打っておきたいのが、企業側の本音なのです。
 企業情報はあくまでも小出しにすることが大切です。採用担当者によっては1次情報、すなわち求人広告の段階で3次情報まで掲載してしまうことがあります。しかしそれでは自社のことをよく知らない閲覧者に、社内の煩雑な事情を理解することを強要してしまい、閲覧者は面倒だと感じて応募してくれません。1次情報は簡潔に提示し、2次情報で疑問点を解消し、3次情報で繋ぎ止めるという戦略が大切なのです。そうすれば、優秀な人材が集まりやすくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です