転職がしづらい年齢だなと感じたらすべきこと

転職の求人を探すにあたってどんな媒体を利用するのかは、やはり世代によって変わってきているようです。世の中がアナログからデジタル化され、まだ過渡期であるとも言えますが、求人媒体もその様式を大きく変化させています。

●求人誌
●折り込みチラシ
●新聞
●ハローワークの窓口

などの求人媒体から

●企業ホームページ
●求人サイト
●ハローワークの求人サイト

の求人媒体へ時代とともに変化を遂げています。

世の中の情報の流れが紙媒体からデジタル化された媒体へと変化する中で、インターネットを活用した求人がその割合のほとんどを占めるようになってきました。そうなってくると、転職に不利な年齢層が出現しはじめる現象が出始めます。家族や友人、知人を頼り、慣れないパソコンでの求人検索に協力を仰ぐ事も得策ですが、ある一定の年齢である事のメリットも活用して下さい。長い間の社会意人経験から培った「人脈」です。公の求人サイトを利用せずとも、「コネ」を使った転職は、若い世代には真似のできない求人検索でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です