自分の見せ方という戦略

転職は求人のチャンスをどのように掴むかという戦略が求められる頭脳ゲーム的な要素もあります。例えば、40代の求職者が、転職活動中に採用通知を受けにくいと感じた場合、シニア向けの求人サイトなどの応募に挑戦してみたところ、書類選考が通りやすくなったという事もあります。年齢的な要素が有利に働いた結果かもしれません。ですが、同じ向けのシニア向けの求人が、過去の職歴から豊富な知識や経験をもつ人材を求めている場合、管理職経験のない40代以下の人材は、書類選考で落とされがちになる可能性もあります。求人を行う企業側が何を求め、どんな能力をもった人材を求めているのかという、リサーチや研究も必要となります。池にいる魚を釣り上げる時に、どんなエサが好みであるのかは、釣り人にとって重要な要素であり、知識であります。一期一会である求人企業との良い出会いにおいて、どのように自分を見せるのかという研究も必要です。相手が求めているような、人物像に近づく為には、自分のどのような過去の経験値を履歴書として作成すれば良いのか、また面接で話せば良いのかというポイントですが、自分のスタイルを大幅に変えてしまうような戦略では、入社してからが、皆さん自身が窮屈な思いをしてしまう可能性もありますので、自分と向き合いながら自己分析を入念に行いましょう。自分の求める企業とのマッチングは、自分の見せ方という戦略が必要な事なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です